いのち日記 買い物

20w3d カルシウム補給にミロと低脂肪乳

 おはようございます。昨日は昼までに外出しなければならない用事を全て済ませていたので午後の雨にも動じずに済んだのですが、本日早朝のウォーキング中に突如として降り出したのにはちょっと焦りましたね。
 家の周りをうろうろとする散歩ならすぐに戻れるのですが、片道20分ほどかかる寺院へのウォーキングだと雨宿りできる場所もそうそうないため困ってしまいます。今日は「まあ大丈夫だろう」などと余裕ぶって傘を持参しなかったのですが、風邪を引いてしまっては元も子もないので携帯を習慣付けなければいけませんね。

 さて、現在妊娠中期ではあるのですが、栄養補助食品による栄養補給は専ら、ピジョンの「葉酸カルシウムプラス」で補っています。葉酸は栄養補助食品での追加摂取が推奨されている400μgぴったり、鉄は妊娠中期以降に必要とされる付加量9.5mgを満たす10mg(総量としては18~19mg/日ほど必要と言われているので食事にも手は抜けませんが)、カルシウムは160mgと、摂りたいなと思える栄養素が綺麗に入っていてコスパも良い素敵なサプリメントです。
 ただ、私の普段の食事でカルシウムを摂れているかなと思い、振り返ってみたところ、乳製品はおろか肉類の摂取もままならない感じなので、これはもしかしたらカルシウム、全然足りていないのでは? と今更ながら心配になってきたのですよね。
 妊娠時に格別カルシウムが必要になる、という訳ではないのですが、日本人には元々不足しがちな栄養素なので、食事で摂りきれないことが分かっているのなら栄養補助食品の力をもう少し借りてもいいのかな、と思った次第です。

 カルシウムを手軽に摂るためのサプリメントや飲み物はドラッグストアやマタニティショップにも数多く売られていますが、今回はコスパの関係でこちらを選びました。


 私はこれ、飲むのは初めてだったのですが、自宅で開封したところ、夫が「お、ミロだ懐かしい」と言い、子供の頃によく飲んだと話してくれました。古くからある栄養補助食品で、カルシウム・鉄をメインに含むもののようですね。

 1回分当たり、カルシウム220mg、鉄3.2mgが含まれる計算であり、更にミロは牛乳に溶かして飲むことを推奨しているため、コップ一杯分で摂取できるカルシウム量は軽く300mgを超えます。これは頼もしい!
 ただ私、乳製品を飲み切れる自信がなかったので、今回はミロを溶かすためという名目上、低脂肪乳も合わせて購入しました。カルシウム含有量は普通の牛乳より少し落ちますが、毎日続けられないとあまり意味がないので……。

 電子レンジで温めたもの、冷たい低脂肪乳に溶かしたものをそれぞれ飲んでみたのですが、どちらもほのかに甘くて飲みやすく仕上がっていました。温めた場合は表面に、冷たいままのものに溶かした場合は底に、少しだけミロの濃い部分が残ってしまいますがスプーンでよく溶かしたり、塊を掬って食べたりすれば気になりませんでしたね。
 また、自宅にあったアーモンドミルクでも試してみたのですが、低脂肪乳と同じ感覚で溶かすことができました! 夫曰く「昔は水でも溶けた気がする」とのことだったので、ミロの溶媒は必ずしも牛乳でなくとも良いようです。ただ栄養価の関係上、パッケージやHPには牛乳に溶かして飲むことを推奨しておられるのでしょう。

 業務用スーパーなどで売られている大容量のものだと1袋700g、普通サイズだと240gです。1回15gを摂取するため、大容量で45回、普通サイズで15回は飲める計算になります。
 妊婦さん専用の飲料だともっと値が張ってしまうのですが、これくらいのコスパなら気軽に導入できそうです。これから寒くなってきますから、温めておやつ代わりに飲んでみるのも美味しそうですね。

 ただ飲み過ぎには注意しなければいけないな、と感じたのが……このミロ、味が完全にココアなので、成分表には記載されていませんがおそらく「カフェイン」が少し入っているのですよね。市販のチョコレートや炭酸飲料にさえ入っているものなので完全に除去して生活することはほぼ不可能なカフェインですが、あまりに1杯当たりの含有量が多い場合は控えなければいけないな、と考えていました。
 どうやらミロを妊娠中の栄養補給にと考えておられる方は私の他にも多くいらっしゃったようで、そうした方の疑問を解消するため、公式HPにこのようなQ&Aがございましたので引用させていただきます。

Q
 ミロには、カフェインは含まれていますか?妊産婦が飲んでもいいのでしょうか?
A
 ミロの原材料に含まれているココアには、わずかですがカフェインとテオブロミンという物質が含まれています。テオブロミンはカフェインに似た働きをしますが、カフェインに比べるとその刺激作用はかなり弱いとされています。ミロに含まれているカフェインは1杯あたり、ソリュブルコーヒーの10分の1未満のわずかな量です。1日1杯程度であればご心配なさらずお召し上がりいただけると考えておりますが、個人差もございますので、ご心配なことがございましたら、かかりつけのお医者様へご相談いただきますようよろしくお願いいたします。


 コーヒー1杯200ml当たりのカフェイン量を100~120mg程度として考えると、ミロに含まれるカフェインは10~12mg程度ということになります。1日に5杯も6杯も飲むようなものではないので、これくらいであれば問題はなさそうです。逆にこの程度の量にまで警戒していては毎日の食事がちょっと辛くなってしまいそうですよね。

 今まで、妊娠中の栄養補給の手段を探す方法としては、マタニティショップに足を運ぶか産婦人科で相談するかくらいのことしかしていなかったのですが、近くのスーパーでも手軽に購入できるものの中に此処まで優秀な栄養補助食品があったのか! といたく感動したので、本日はこちらを紹介させていただきました。
 ココアの味に苦手意識がなければ、栄養補給の手段として検討してみてもいいかもしれませんね。

 本当は牛乳やヨーグルトを毎日摂取して、炭水化物を3食しっかり食べて、お肉も鶏肉だけでなく牛肉や豚肉をバランスよく食べて……というようにした方がいいのは分かっているのですが、胃の調子が如何せんその理想に付いてこないため、もうしばらくこういった栄養補助食品の力を借りて体の状態を保っていこうと思います。
 食べられる量自体は確実に増えている気がするので、料理の腕も少しずつ上げていろんなものを食べられるようになっていきたいですね。

 では、本日はこの辺で!

-いのち日記, 買い物

© 2022 はないろふくさ