いのち日記 料理

21w5d 野菜食べ過ぎ問題

 おはようございます。9月半ばより難航している体重管理ですが、今回も5日前くらいに一気に増えた分がなかなか戻りきらず焦っております。なんとか、なんとかもう少し減らないかな……。

 ハイカロリーなものはほとんど食べていないはずなのですが、如何せんお腹が空くので野菜でのかさ増しがひどく、キャベツとトマトのサラダだけでも1日に400gは食べているという有様。これに加えてニンジンやキュウリのピクルス、ナスや小松菜のお浸し、かぼちゃきんとんなどの小鉢・副菜系が1日に3つくらい付いてきます。
 揚げ物は8月以降食べられておらず、中華やカレーなど油を使ったものも同時期より控えているのですが、やはりどんなものであっても「食べれば増える」は変わらないようですね。
 こんな食材が健康に良い! とか、これを食べれば内臓脂肪が落ちやすい! とか巷では色々と言われていますが、結局体重の変動って、摂取エネルギーと消費エネルギーとの天秤で成り立っているため、良いものを摂りたいだけ摂っていい、なんてことは在り得ないんですよね。毎日カレーパンを朝食に食べたとしても総摂取エネルギーが落ち着いていれば太りませんから。

 ただ、今は物理的に「胃にものを入れられないことがストレス」になってしまっているので、野菜をモリモリ食べることで落ち着くのであれば、ま、まあお菓子や揚げ物類のドカ食いよりはいいのかな、と考えています。野菜たっぷり生活のおかげで便秘もそれなりに解消されつつありますしね。

 そろそろ料理のページも作り始めようと思っているのですが、最近は「野菜1品+調味料3種類以下」で作れる小鉢類の作り置きにハマっています。
 例を挙げると、ニンジンの千切りを「いろいろ使えるかんたん酢」とオリーブオイルとブラックペッパーで和えたキャロットラペとか、ナスの皮を剥いてレンチンしたものにポン酢をかけてネギとおろししょうがを添えたお浸しとか。小松菜をレンチンして出来るお浸しにはしょうゆとほんだしで味を整えて上にかつお節を振ります。それから最近はカボチャが安いので、種とワタをくり抜いた上で丸ごとレンチンして中身を潰し、牛乳とコンソメをちょっとだけ振ってラップできんとん風にくるんだ作り置きなんかも備蓄しています。
 炒め物や味噌汁は正直どんな具でも出来てしまうのですが、和え物とか酢の物って野菜同士の相性などがあって、適当に選んだものでは上手くいかないことが多かったので、それならもう1品で完成させてしまえばいいじゃない、と考えた結果このような簡単レシピばかりが食卓の常連と化しつつあります。
 野菜を沢山摂れていい、と夫が肯定的なのが救いですね。これで野菜嫌いの家族だったりしたら目も当てられなかった……。

 タンパク質は主にゆで卵と塩振り絹ごし豆腐で摂っています。この塩振り豆腐がむくみの原因なのではと考えたこともあったのですが、ちょっとこれもなかなかやめがたく……塩を「振らない」とあまりにも寂しいので、量を調節して強いむくみが起こらないよう配慮したいところですね。

 安定期に入ってからご飯がとても美味しく、更に体重が増えやすい体質に変わっていることも相まってか、食欲をある程度満たしながらのコントロールが本当に難しくなっています。
 ルイボスティーなどで空腹を誤魔化したりもしていますが、やはり固形物の方がお腹に溜まって安心できてしまいますね。いかん、いかんぞ……。

 せめて今月中までは今の体重の、1の位を変えないように維持していきたいところです。さて頑張ろう!
 日商簿記試験3級もいよいよ明後日に迫りました。28日に合格できれば6日の勉強開始日から丁度3週間で取得できたことになるのですが、上手くいくかな?

-いのち日記, 料理

© 2023 はないろふくさ