いのち日記

30w6d 名前検討、進んでいます

 おはようございます。昨日一昨日は大掃除の続きに励んだり、丸3日解けていなかった簿記の問題集に慌てて取り掛かったり、子供の名前について候補を絞ったりなどしました。

 私が予め「このあたり」として挙げた候補は、3文字のもので15個、2文字のもので4個ほどあったのですが、その中から夫が3文字のもので5つに絞り、切り捨てられた3文字10個の中から2つ、私が「これはどう?」と再提案し、話し合いの結果、「な」から始まる候補3つは全て漢字が夏っぽくなってしまうため除外し……という流れを経て、現在4つの名前が並んでいる状態です。

 ここから漢字を考え、画数の検討を行い、最終的に3つ、あるいは2つに絞れればいいかなという気持ちです。女の子であることはほぼ確定していますが、顔や挙動などは生まれてきてくれてからでないと分からないため、最終的には「こっち」と実際に会えてから決めていきたいなと考えています。
 たとえば「円(まどか)」と名前を考えておきながら、生まれて来てくれた子の目つきが鋭すぎて、ちょっと似合わないかもしれない、とかいうことになると慌ててしまいますからね。あと、春先に生まれることを想定して春に似合う名前を考えていたのに、早産で2月初旬の寒い時期に生まれてしまった、とか……。いろんなことが考えられるので、ある程度の幅、可能性を想像しておき、候補は絞り切ってしまわない方がいいのかな、というのが現在の考えです。

 私の誕生時にも、両親は候補を2つ用意していたようです。選ばれなかった方の名前は「美穂」だったのですが、生まれてきた私の風貌がどう見ても美穂という感じではなかったらしく、顔を見た瞬間、今の名前に即決定したそうです。美しい、という漢字が、鼻の低い自分の名前に使われていたかもしれないことを考えるとぞっとしないですね……。

 予定日は3/3ですが、計画無痛分娩もしくは予定帝王切開、あるいはそれより早く産気づいてしまう、というあらゆる可能性を考えた結果、おそらく実際の出産は2月20日くらいになるのではないかと考えています。春、と言ってしまうには寒いですが、春が来ようとしている、という意味で「花」「咲」という漢字を入れてもまあ、そこまでおかしくないかな、という考えから、今のところ候補の一つに「咲」が入っています。
 濁点や半濁点がない名前、3文字の名前、というのは私の苗字との兼ね合いでそうした方が無難だろうという判断だったのですが、実際に名前の音を決める段階になると、苗字の後ろに続く音が「か行」や「お段」だと非常に発音しにくいことに気付いてしまいまして……。「か」「お」「ほ」「の」などから始まる名前も考えていたので少し惜しい気がしたのですが、最低でも人生の1/4程度はこの苗字で過ごすことになるはずですから(将来、男女別姓が当たり前の時代が訪れたりしたら一生の名前になりますからね)、引っ掛かりのある響きにすべきではないだろうなと思い直し、泣く泣く候補から外す……という過程もあったりしました。

 あとこれは本当に個人的な話ですが「あや」から始まる名前の知り合いや旧クラスメイトがあまりにも多かったため、これも候補から泣く泣く外しました。あやか、あやの、あやね、あやな、等、綺麗な漢字を充てて挙げられそうな響きが幾つもあったのですが、名前を呼ぶ度に旧友たちがちらつくのは避けたかったもので……。

 とまあ、このような漢字であれこれと悩みながらも、二者の合意を経て何とか絞った4つの候補に、今度は漢字を当て嵌めていく訳なのですが、これに関しても購入した本が役に立ちそうです。

「あ」として使える漢字が幾つあるか、名前としてよく使われる漢字はどのようなものか、それぞれの漢字にどのような意味があるか、など、かなりのページを使って記載されており、とても見やすく仕上がっていました。音の響きを考える段階でも随分とお世話になりましたが、ここからの段階でもまだまだ活用していけるかな、と思っています。

 ただどんなに絞っても「決定は実際に会えてから」と考えているので、お腹の中にいてくれている状態で「××ちゃん」と呼び掛けることはなさそうです。それはそれで少し寂しい気もしますが、名前が決まらなくても呼びかけは続けていきたいなという気持ちでいます。予定日まで50日を切ったら、音声メッセージを録音していこうかな。

 さて、今日は午前中に簿記の問題集に取り掛かり、昼食を食べてから冷蔵庫の掃除と洗面所下の棚の整理を済ませる予定です。頑張るぞ!

-いのち日記

© 2023 はないろふくさ