いのち日記

33w 追加受診、そして音声メッセージ録音開始

 おはようございます。順調だと思われていた簿記予想問題集でまさかの50点を叩き出し、焦り極まっているところです。
 工業簿記の方にこの傾向が強いのですが、一つ計算を間違えると全部の数字がズレてしまうので、12点とか16点とか丸ごと落としてしまいがちなんですよね。しかし全ての問題について計算し直すだけの時間的余裕もあるはずもなく……。1回きりの計算しか許されない状況なので、安易なミスが本当に恐ろしいですね。
 商業簿記に関しては、皆さん口を揃えて言っておられますがやはり「連結会計」が鬼門のようです。「こんな感じだろう」と思って精算表に入力した数字ではなく、その入力位置が見事にズレていて笑ってしまいました。資産、負債、収益、費用、この4つは3級の頃から飽きるほどに仕訳をしてきたのでまず間違えないのですが、純資産(資本)の項目についてはまだ慣れ切っていなかったようです。時間との闘いを強いられるとミスが増える増える。あと1週間あるのでここを中心に演習を重ねたいところです。

 昨日もしっかり6時間ほど取り組みました。本日も3回分、予想問題集を解けば予定より1日早く予想問題集を1巡終わらせられそうです。繰り返し解き込むこと、テキストや問題集にチェックを入れたところを見直すこと、などにも十分な時間が割けそうですね。体調が安定していれば、の話ですが……。

 そういえば昨日は午後から、お世話になった産婦人科にもう一度だけ行ってきました。お薬の貰い忘れがあったのと、コロナ第6波が勢いを増しているため「現時点で感染したらどの病院でどのような措置になるのか」を医師の方にお伺いしたかったのと、あと細々とした質問をしておきたいと思ったのと……という理由です。
 今回はちゃんと、以前の、ちゃんと受け答えをしてくれる医師の方へ希望通り通してくださいました。おかげで疑問点や不安点なども概ね解消でき、本当に良かったです。
 妊娠後期で感染したら帝王切開、というのは噂で聞いていたのですが、その辺りの判断も含めて全て医療機関主体ではなく「保健所」が行い、「もう妊婦さんはその指示に従うしかなくなるんですよ」とのことでした。感染した場合の病院候補についても教えていただきましたが、場所を知らないような遠方のところではなかったのでその点に関しては安心できそうです。よく分からない未知のエリアで出産、ということにはならなさそうですね。

 あと、転院先の病院で「無痛分娩できない」と言われてしまった場合は、こちらの病院にまた戻ってきて普通分娩に切り替えることができる、とのことでした。そのまま転院先で普通分娩をすることになるのかと思っていたので、無痛が無理だと言われたら近場で出産できる、と分かったのは大きな収穫です。安心できますね。

 それから、処方してくださっていたマグミットの追加の他に、風邪を引いたときに飲める薬があれば事前処方をお願いしたいと予約段階で話していたのですが……。これについては「既に転院先へ紹介状を書いているので、新しく薬を処方する際は向こうの病院でお願いしてもらった方がいい」とのことでした。処方の重複を防ぐため、危険な薬を処方するリスクをなくすため、とのことだったのですが、そういうことを防ぐための「おくすり手帳」であるはずなのに、全く機能していませんね……。医療機関側で処方できないと言われてしまったものは仕方ありません。次の新しい病院での受診が1/19なので、残り1週間、風邪を引くことなく乗り切るしかなさそうですね。

 そうした内容の話を行い、あと「お腹が張りがちになるのは妊娠後期なので仕方のないこと、ちゃんと治まるようであれば気にしなくていい」「子宮頸管長は今の段階で3cm以上あるので大丈夫、36週までに2cmを切れば入院管理という判断を当院ではしている」などの細々とした相談にも乗っていただいてから、「無痛が無理と言われてしまったらいつでも戻って来られますからね、元気な赤ちゃん産んでください」と言葉を掛けていただいたところで診察終了となりました。
 最後にちゃんとした診察をしていただき、不安だった幾つかのあれこれも解決できて、充実した時間となりました。よかった……。
 今度こそ、この病院での受診は最後ですね。長い間お世話になりました!

 そうそう、昨日は予定日まで残り50日の日だったということで、音声メッセージの録音を開始しました! 挨拶と日時を冒頭で話すだけで20秒以上消費したため、1分ではほとんど話ができないなと思い、2~3分を目安とすることにしました。1日1回録音して……まあ予定日である3/3よりは確実に早く産むことになると思うので、30回~40回くらい録音ができればいいかなと思っています。

 音声メッセージだけでなく、台本(文章の形にして残したもの)を、後に冊子にしてプレゼントしてもいいかもしれませんね。見開きで、左側に文章を、右側にお気に入りの写真やエコー画像などを挟んで……。オリジナルの本を作るサービスは同人誌界隈やアルバム界隈を探せば事欠かなさそうなので、また探してみたいですね。
 良質な木のおもちゃを揃えてあげるとか、ブランドのベビー服を買ってあげるとか、海外旅行に連れて行ってあげるとか、そういう形で愛情を示せるような経済状況ではないので、プライスレスな部分で今しかできないプレゼントの用意に時間を割いていきたいところです。
 余談ですが、録音した自分の声を聞くのってものすごくこう……照れくさいですね。滑舌は悪くないはずなので「何言ってるか分からない」と言われてしまうことはないはずなのですが、数年後に子供と二人で聞いたとき、恥ずかしさのあまり途中で再生ボタンを止めてしまわないか心配です(笑)

 では、今日も1日頑張りましょう! 予想問題集、あと3回分解くぞー!

-いのち日記

© 2023 はないろふくさ