いのち日記

33w1d 名前の漢字、難しい……

 おはようございます。ウォーキングを途中で諦めて帰ってしまおうかと思う程の寒さでした。手袋をしていても手がじんじんと痛んだのですが、極寒の早朝に相応しく、朝6時5分であったにもかかわらず星空がとても、とても綺麗でしたね。
 実家に比べると、随分と人の多い住宅街に越してきた印象はあったのですが、それでも人の動きのない深夜から明け方はほとんど真っ暗で、実家で見えていた星の大半をこちらでも見つけることができます。特に冬はペテルギウスとリゲルに挟まれた三ツ星がよく目立ちます。夏の天の川や大三角はなかなか見つけられないのですが、冬は正座観測が捗りますね。

 そうそう、昨日無事に(?)簿記の予想問題集を全て解き終えました。1日に2回分解くことを最低目標としていたのですが、3回分ずつ解けたため3日で一巡できました。よし!

 ただ出来としてはあまりよくありませんね。合格点を取れたものも取れなかったものもありました。
 9回分を一巡した感想としては「同じ問題がほとんどない」ということですね。予想問題集であるため、様々な出題形式のものを用意してくださっているのかもしれませんが、回ごとの大問にほとんど「被り」がありませんでした。これ、まだまだバラエティに富んでいるような気がしますね。半分以上落としてしまった大問も幾つかあるため、これくらいの難易度の新しいものが本番で新しく出てしまっては……合格は難しそうです。
 今日を含めてあと6日あるので、せめて予想問題集にあるものくらいは点を大きく落とさず解けるようになっておきたいところです。見直しをした上であと一巡、できればいいですね。

 これで、購入した問題集、および申し込んだ講座のやり込みは全て終了したので、あとは本当に解き込んで見直していくだけです。が、頑張るぞ……!

 という、簿記の近況報告をしてからの本題になってしまったのですが、昨日は予想問題集を3回分解いてから、夜にいのちの名前について、漢字の厳選、検討を行っていました。
 名付け辞典には数多くの候補があったのですが、使いたいな、綺麗だなと思えた漢字だけピックアップしていきました。「あお」「おり」「み」「さ」「さき」「い」「な」「り」「し」(名前の推定を防ぐためフェイクを幾つか入れています)この辺りを調べていたのですが、沢山見つけられたものからほぼ一択に絞られてしまったものまで多岐に渡り、色々と組み合わせてずらりと並べたものを眺めていると、わくわくしてきましたね。

 綺麗だなと思えた漢字でも、その意味を調べてみると「ちょっと使いづらいかもしれないな」と思ってしまうようなこともありました。たとえば「莉」は「り」の読みで高頻度で使われている漢字なのですが、これ自体に子供の成長や幸せを願う意味はなく、茉莉という花の名前から取っている、というだけのようでした。白くて美しい花なので、あの花を連想させる名前ということで女の子向きではあるのだと思いますが、こちらの漢字に意味や祈りを持たせられないとなると、残り一文字に祈りを集約しなければならず(名前の漢字は二文字と夫婦で相談し既に決めています)ちょっと決め辛くなってしまいます。というような事情から、綺麗でバランスの取れた漢字でありながらやむなく候補から外したものも幾つかありましたね。

 候補と漢字の意味について出力したエクセルを印刷できたので、今日か明日にでも夫と話し合ってみようと思います。私の好みは私の好み、私の祈りは私の祈りなので、彼の考えを(もしあるのなら)聞いた上でまた候補を加えたり絞ったりしていきたいですね。

 では、今日も1日頑張りましょう!

-いのち日記

© 2023 はないろふくさ